大人になってから出た、まさかのディナーアレルギー

昔からヘルシー上等児で大きな外傷も病も無く元気に生活してきたわたし。だったのですが、誠に最近になって卵アレルギーになってしまいました。更に卵を仰山食べていたということもなかったのですが急性結果大いに驚いたしショックです。卵って本当に色々な料理に使われているのでこれから気軽に外食も出来なくなると思うと、果たして気が重い…。それでもまぁ今の時代はアレルギーを抱える人も多いので、根本などは時代遅れよりも手に入り易くなっているのが救いですかね。
ところでアレルギー機能、起きる人だかり薄いヒトといますよね?かつてアトピーだったりアレルギー慣習を抱えるヒトは食べ物アレルギーも機能が出やすいと聞きます。では、私のようにたちまち何の前触れもなくアレルギーに達するヒトはなんでなのでしょうか?
よく耳にするのが『アレルギーコップ』で、ヒトは自身許容もらえるコップを持っていてそのがたいは個人によりゆたか。そのコップに蓄積されたアレルゲンが溢れてしまった時にアレルギー機能を齎す、という感覚だ。こういうアレルギーコップが医学的に証明されているのかは思い付かのですが、そうでも思わないと納得がいかないのかも知れません。