充填された弁当と短時間の穏やかな昼間の季節

「ここまで引き上げる所要あるのかな。明らかなオーバーワークだとおもう」
 どうやら必ず課題に取り組んでいるように見えてM・Tもヤキモキが溜まっておるようだ。その後もM・Tは「普通は1時間に1回は休憩を差し込むものだ」などとレビュー系に愚痴をこぼしていた。揃いも揃ってうんざりしながらもM・Tに同調していると、キャラバンの後部座席から包みを引っ提げてN・Hがやってきた。
「あなた。今日は指定だよ」
 一体何が特別なのかが今一つピンと来なかったが、N・Hは紙袋の中から数分の弁当箱を取り出してそれぞれに手渡して出向く。言葉づかい本人には「次回からは各自で下ごしらえ済ませろ」という感覚も含まれているのだろうか。
 我々は針葉樹の根元に腰を下ろし、M・Tはキャラバンの助手会合に。N・TとS・Kは軽トラの荷台でひとりひとり思い思いの部位でLunchを取る。
「自身もトラップ掘りてー」
「何なら交代しますか?こちらはこっちで本当にやってないとメッチャ怒られますけど」
 荷台で仲良く弁当を食べながら談笑やるN・TとS・Kの所見が僅かに耳に届いて来る。
 そういう穏やかな昼間の機会は流転に過ぎ去っていう。