出雲での製作WSが気になる、地元はあまり興味がない

出雲での製作WSが気になるなぁ。持っているヒーリングライアーの製作WSですが、秋に出雲で開催があるようです。屋久島やハワイなどの以前がいっぱいの所でのWSもとても気になりましたが、その時はフルタイムで仕事をしていたこともあり、行けませんでした。もちろん、今度はお金の面ですぐにどんどん行けませんが。でも出雲はなんか神社参拝とかも出来そうだし、なかなか行く機会がない場所なので気になるんですよね。もちろんメインが製作WSなのであまり自由時間はないと思いますが。ただ製作が終わってのオーナー会などはお出かけしたり、ちょっといつも工夫がされているので気になります。秋の琵琶湖でのWSもあるのですが、地元なのであまり正直興味がないんですよね。遠方の方からすると珍しいのかもしれませんが、地元からすれば他に何もないので景色はいいですがただそれだけなんですよね。もちろん神社が湖に面したパワースポットもありますが、何度か行ってますし、今回の製作WSの場所とはまた離れているので。とりあえず出雲での記事アップが楽しみです。アイトレーニング

15年も乗っていたんですね…今までお疲れ様

ついに昨日、自転車がだめになってしまいました!
元々、かなり昔に買ったもので…えーと…弟が高校生ぐらいの時に母と共有してたって言うから、15年ぐらい前なのかな?
それぐらいの年季ものを譲り受けたので、いつダメになってもおかしくない覚悟はあったから、そんなにショックでもなく、ついにこのときが来たか…今までご苦労さん…ぐらいの気持ちだったんですけど。
多分、雪国の冬を野ざらしで越させたのがトドメになったのかなと思います。
いつもは実家のベランダに置きに行くのに、今冬はそれをせず、私のマンションの前の、ちょっと雪よけになるぐらいの場所に置いていただけなので。
で、実家の近くの自転車屋に空気を入れてもらいに行ったんですが、もうね、後ろが…あれ、今に思えばパンクだったんですね。
ガタガタどころじゃなく、ガコンガコンって感じの振動で(笑)
そして自転車屋に着いた時点でもうチューブが外に飛び出ていて。
しかも亀裂が入ってる(要するにパンク)と言われ、タイヤ交換5千円でしませんか、という話になったんですけどね。
その時たまたま、散歩がてらにお父さんが付き合ってくれたんですが、お金出すよと財布から樋口一葉を出しかけて見せてくれたんですけど…うん、遠慮しました。
自分で出すよという意味じゃなく、15年の年季が入っているということは、かごもボッコボコだし、フレームもサビてるしで、正直、3倍のお金を出して新しい自転車を買ったほうが良いと思ったからです。
結局、自転車は乗って帰ることもできなかったので、実家まで押して戻って、粗大ごみかリサイクルに出してもらうことになりました。
新しいの買わなきゃな…。http://www.foosquare.com/